大阪の桜の名所といえば、造幣局の桜の通り抜けですよね!

またこちらの桜は「桜の名所100選」にも選ばれている名所なんですよ!

毎年4月の中旬頃の桜の開花時に1週間だけ、造幣局構内旧淀川沿いの全長約560mの通路を一般の花見客のために解放されているそうです。

1週間しか公開されないとあって、毎年遅咲きの桜のを見に多くの人が集まります。
また通路が一方通行であること、見学のみしかできないことから「桜の通り抜け」と呼ばれているそうです。

桜の種類は約6種類ほどが植えられているそうですが、造幣局の桜の通り抜けの桜の大半は遅咲きの八重桜です。

満開の頃の八重桜の美しさはもう、たとえようがないくらいです。

今にも手に届きそうな桜の間を通り抜けながら、日本の春の趣を感じられる空間は本当に素晴らしいものです。

今回は「造幣局桜2018期間はいつまで?見頃とライトアップの時間!」につきまして、ご紹介したいと思います!

Sponsored Links

 

造幣局桜2018期間はいつまで?

 

造幣局の桜は遅咲きの桜が多いため、大阪の桜の満開日よりも遅めの日程で開催されるのが通例となっています。

2017年の大阪の桜の開花日は3月30日で、満開は4月6日で、例年に比べ数日遅い開花でした。

そして、2017年の「桜の通り抜け」は4月11日〜4月17日までの1週間開催されました。

2018年の大阪は3月後半から暖かい日が増える可能性があり、急激な速さで開花に向かうと予想されております。
と、いうことは例年より早くなる見込みが強いですね。

そうすると大阪の開花予想としまして、3月25日頃、満開は4月3日あたりになるのではないでしょうか。

造幣局の通り抜けの桜は通常の桜の満開から数日後。ということから考えられる日程の予想は、4月5日、6日あたりからの1週間の期間とされるのではないかと予想されます。

3月の中旬に決定されるようですので、わかり次第追記しますね!

造幣局の通り抜けの日程は4月11日(水)〜4月17日(火)まで開催です!

造幣局桜2018見頃とライトアップの時間!

造幣局の桜の通り抜けは期間限定の桜とあって、かなり混雑しますが、行ってみる価値は十分あると思います!

肝心な造幣局の見頃の時期は、開花の予想から考えて、4月10日頃が見頃となるのではないでしょうか。

また期間中は夜桜のライトアップも開催されており、日が暮れると優しい灯りのぼんぼりで桜が照らされて、その桜は昼間と違って幻想的で風情ある空間を演出してくれます。

ライトアップの時間は日没から21時までとなっております。

昼間より夜に訪れることを楽しみにしてる方も多いそうで、じっくりと桜を楽しみたい方には、平日のライトアップが始まる時間に造幣局を訪れると見頃の桜が見れるのがおすすめですね!

気温は4月の中旬といっても、花冷えと言われるように、夜には寒くなってくるので、暖かい格好をして行かれることをおすすめします。

【桜2018の時期や見頃、ライトアップのまとめ】

清水寺の桜2018時期や見頃はいつ?ライトアップの期間と時間は?

万博記念公園桜2018の満開の時期はいつ頃?開花状況も!

正寿院桜2018見頃や満開の時期はいつ?ライトアップの時間は?

勝尾寺桜2018見頃と開花状況は?駐車場の混雑具合は?

摂津峡桜2018の開花予想や見頃はいつ?混雑具合もチェック!

茨木辯天桜2018見頃や満開の時期は?駐車場や混雑具合もチェック

長岡天満宮桜2018混み具合や見頃はいつ?ライトアップ時間も!

五月山公園桜2018見頃や満開の時期はいつ?混雑具合もチェック!

王子動物園桜2018混雑予想と開花状況は?ライトアップ時間は?

須磨浦公園桜2018のライトアップの時間は?開花情報や見頃も!

まとめ

今回は「造幣局桜2018期間はいつまで?見頃とライトアップの時間!」ということでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

桜の通り抜けは毎年大盛況で昨年までは100万人もの人が集まる賑わいを見せているようです。

とにかく見渡す限り人・人・人となること間違いないと思います。

また造幣局の桜の通り抜けの期間の1週間に合わせて、河川沿いには屋台が多数出店されており、桜の通り抜けを堪能した後は、屋台で美味しいものを食べるのも、造幣局の桜の通り抜けの楽しみの1つですね。

是非、お時間がありましたら、春の風物詩とも言われる「造幣局の桜の通り抜け」で美しい桜をご堪能ください!

最後まで御覧戴きましてありがとうございました!