大阪府吹田市にある万博記念公園では、毎年桜の時期になると、桜まつりが開催されれます!

万博記念公園には「太陽の塔」と岡本太郎さんがデザインされたことでも有名ですね!

万博終了後には広大な芝生広場や草木が植えられて、年中季節の花を楽しめる公園として市民の憩いの場として、今も多くの人が訪れています。

そんな広大な敷地の中で有名な花のイベントが桜の時期に開催される「桜まつり」です。

「日本さくら名所100選」に選ばれている万博記念公園の桜は、3月の中頃からヒガンザクラやカンヒザクラ、ソメイヨシノなどの約5,500本以上の桜が咲き、園内をキレイなピンク色に染め上げます。

今回は、万博記念公園桜2018の満開の時期はいつ頃なのか?また開花状況につきまして、ご紹介したいと思います!

Sponsored Links

万博記念公園桜2018の満開の時期は?開花状況は?

万博記念公園の桜は4種類ほどあり、開花状況が変わってくるのですが、3月中旬にシダレザクラが咲き始め、4月上旬にはオオシマザクラが太陽の塔周辺で咲き始め、4月中旬頃になると日本庭園でヤエザクラが咲き誇り始めます。

そしてさらに、4月下旬になると万博記念公園の桜の大半を占めるソメイヨシノが一斉に満開に咲き誇り、園内がピンク色染まります。

そんな2018年の万博記念公園の桜の満開の時期はいつ頃になるのでしょうか?

例年桜の開花はおおよそですが、3月の下旬から4月上旬と言われていますが、天候によって左右されるので、前後にずれ込むこともあります。

ちなみに2017年は3月30日あたりから咲き始め、4月7日あたりに満開の時期を迎えたようですね。

開花状況としては、3月末咲き始め、4月4日から6日頃三分咲き〜七分咲きで、4月7日頃満開という状況だったようです。

万博記念公園の桜まつりは夜桜も開催中

万博記念公園では桜開花期間中の桜まつりに合わせて、夜桜も開催されています1

日程は3月下旬から4月中旬くらいになり、2018年3月28日(水)〜2018年4月15日(日)となり、期間中は閉園時間が21時まで延長されて、桜並木がライトアップされます!

ライトアップされた桜は青、緑、赤の3種類の光を使い、色の変化を与え、幻想的な美しさを見せてくれます。
また太陽の塔と周りの木々もライトアップされ、幻想的な雰囲気であたりを包み込みます。

万博記念公園の桜は大阪でも1位、2位を争うお花見スポットとなっており、ライトアップとしては
大阪で最も規模が大きく、夜桜を堪能することができ、夜の太陽の塔を眺めることができたりと、素晴らしいイベントだと思います!

また桜まつりの期間中は、屋台や陶器市、ガレージセールなどのイベントも開催されているようです。
屋台は鉄板の屋台グルメを中心にいろんな味が楽しめるみたいですよ!

2018年も桜の開花状況などをチェックしつつ、満開の頃を見計らって、夜桜のライトアップに足を運ばれることもおすすめですね!

【桜2018の時期や見頃、ライトアップのまとめ】

清水寺の桜2018時期や見頃はいつ?ライトアップの期間と時間は?

造幣局桜2018期間はいつまで?見頃とライトアップの時間!

正寿院桜2018見頃や満開の時期はいつ?ライトアップの時間は?

勝尾寺桜2018見頃と開花状況は?駐車場の混雑具合は?

摂津峡桜2018の開花予想や見頃はいつ?混雑具合もチェック!

茨木辯天桜2018見頃や満開の時期は?駐車場や混雑具合もチェック

長岡天満宮桜2018混み具合や見頃はいつ?ライトアップ時間も!

五月山公園桜2018見頃や満開の時期はいつ?混雑具合もチェック!

王子動物園桜2018混雑予想と開花状況は?ライトアップ時間は?

須磨浦公園桜2018のライトアップの時間は?開花情報や見頃も!

まとめ

今回は「万博記念公園桜2018の満開の時期はいつ頃?開花状況も!」と言うことで、ご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

日本には本当に素晴らしい四季折々の楽しみがあり、満開の桜は日本人の心を思い起こされるものだと思います。

また近年は近くにエキスポシティもでき、今までお花見をするにも、遠くから買い出しして来なければならなかったと思いますが、お手軽なお花見がしたいな♪とお考えでしたら、エキスポシティで食品を買い込み、万博記念公園まで持ち込みするのもおすすめですよ!

桜の楽しみ方もいろいろありますが、お祭りに行ってみたり、時には夜桜を眺めてみたり、家族と一緒に美味しいものを食べたり、仲間と一緒に楽しく賑やかに過ごしてみたりと満開の桜を眺めながら、皆さんが素敵な時間を過ごされますように!

最後までご覧頂きましてありがとうございました!