飛行機での旅行は国内、海外を問わず、ワクワク楽しみですよね!

空港に着いた、その瞬間から非日常への期待を胸膨らませている人も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのが、女性の場合、飛行機にすっぴんで乗るか?乗らないか?という問題があります。

出来ることならば、綺麗にメイクをしたまま飛行機に乗っていたいものですが、長時間のフライトだと、そうもいかないですよね。

みなさん、一体どうしてらっしゃるんでしょう?

今回は「飛行機にすっぴんで搭乗した場合のメイクをするタイミングは?」ということについてお伝えしたいと思います!

メイクしたままフライトは乾燥の原因に!

女性は家で完璧にメイクをしてきたときは、「飛行機にこのまま乗りたい、世間にもこの顔ならバッチリ!」と思ってらっしゃる方も多いと思います。

一緒に旅行に行くのが、同性の友達だったりするといいのですが、彼と一緒の場合はどうなんでしょう?

さすがにノーメイクの顔を晒すのは、少し躊躇してしまったり。。と抵抗があるのではないでしょうか?

そうは言っても、飛行機の機内は湿度20%程度でひどく乾燥した環境と言われてます。

長時間のフライトが続いたりすると、そこからさらに湿度が10%程度下がってしまうそうです。

飛行機の機内で、お肌をそんな乾燥したところで醸しだしておくと、カサカサの乾燥肌まっしぐらとなってしまいますね。

空港でをメイクを落としてすっぴんで搭乗がベスト!

まず、メイクは基本的には、空港のトイレなどで落としてから、すっぴんで搭乗するのが最良ですね。

機内のトイレでメイクを落とそうと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、機内のトイレの数には限りがありますよね。

メイクを落とすのに時間がかかっていると、他のお客さんに迷惑をかけてしまうことになります。

そして、フライトから約30分ほどは席から立つこともできないので、メイクを落とすなら、空港のトイレがおすすめですね!

しっかり保湿を!

空港のトイレでメイクを落とす場合は、しっかり保湿を心がけましょう!

機内は乾燥がとても激しいため、お肌が機内で快適にしていられるためには、いつもよりも、化粧水・乳液・保湿クリームなどを多めに使うことも心がけてくださいね!

また「そうは言っても、やっぱり、すっぴんではちょっと・・・」と言う方は、フェイスパウダーやチーク、眉毛をささっと整える、薄化粧をされて飛行機に乗られることもおすすめですね!

どちらにしても、一旦メイクをリセットしておくことが、乾燥のひどい機内の空気からお肌を守るための策だとは思われますね。

飛行機にすっぴんで搭乗した場合のメイクをするタイミングは?

一旦メイクをリセットした後に薄化粧をした場合であれば、機内で落ち着いた頃を見計らって、シートタイプのメイク落としを使って、メイクを落としておけると思います。

シートタイプのメイク落としなら、座席に座っていても、すぐ簡単にメイクを落とすことができます。

メイクを落とした後は、ここでもしっかり保湿を心がけてくださいね!

飛行機の機内には、100ml以下の液体しか持ち込めないという決まりがあります。

液体にはクリームやジェル状のものも含まれるそうなので、注意してくださいね!

そして、メイクをするタイミングとしては、着陸してスケジュールに余裕があるのでしたら、こちらも到着した空港でのトイレで再度メイクをすることをおすすめします。

到着してから、タイトなスケジュールになっている場合は、先ほどのノーメイクが気になる場合のように前もって薄化粧をしておくのがおすすめの1つですね!

後は、到着時刻の約30分前くらいには着陸体制の案内がアナウンスされますので、それよりも早めに、機内のトイレで、ささっと薄化粧をされることをおすすめします。

その際は、他の人に出来るだけ迷惑をかけないようにされてくださいね!

まとめ

今回は「飛行機にすっぴんで搭乗した場合のメイクをするタイミングは?」ということでお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか?

すっぴんで機内で過ごされる場合は、しっかりと保湿を入念にされてくださいね!

そして、メイク落としをする、メイクをする場合も、他のお客さんの迷惑にならないようにされてくださいね!

お伝えしました内容で、空の旅が快適なものになれば幸いです!

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!