「赤い公園」が、本日VIVA LA ROCK 2018に新ボーカルを加えた新体制でライブを行いました!

赤い公園は2012年のメジャーデビュー以降4人組のバンドとして活動していましたが、2017年8月にボーカルの佐藤千明が脱退し、その後は3人で活動を行なっていたようです。

今回のVIVA LA ROCK 2018のステージで新ボーカルを加えた新体制でライブを行いました!

そこで「赤い公園の新ボーカルは石野理子!年齢やプロフィールは?」ということでお伝えしたいと思います!

Sponsored Links

赤い公園とは?

赤い公園とは、高校の軽音楽部の先輩後輩として出会った、佐藤、藤本、歌川の3名によるコピーバンドにサポートギターとして津野が加入。そのまま現在に至る。

2010年1月に結成。

東京:立川BABELを拠点に活動を開始、その年12月には神聖かまってちゃんが主催するライブイベントに出演。

2011年1月、自主制作のデモ音源「はじめまして」を発売した。

2011年3月、自主制作によるミニ・アルバム「ブレーメンとあるく」を発表する。

2011年10月、NATSUMENやチーナなど、日本人アーティストと共にカナダで開催された『Next Music from TOKYO vol 3』に参加し、注目を集める。

2012年2月15日、EMIミュージックジャパンと契約し、EMIミュージックジャパンよりミニアルバム「透明なのか黒なのか」をリリースし、メジャーデビューを果たす。

一時ギターの津野米咲の体調不良により、活動を休止していたが、2013年3月に活動を再開を発表した。

その後、2017年7月3日、ボーカルの佐藤千明が8月末をもって脱退を表明し、佐藤は「7年の活動の中で自分の手に負えない程のズレが生じていることに気付いた。そのズレが迷いとして音楽にまで介入してきたとき、赤い公園のボーカルという使命に、限界を感じた」ことを脱退の理由としている。

2017年8月27日、Zepp DiverCity TOKYOで行われた「熱唱祭り」が4人体制での最後のライブとなった。

そして、2018年5月4日「VIVA LA ROCK 2018」に出演し、新ボーカルを元・アイドルネッサンスの石野理子が務めることを発表!

 

赤い公園の新ボーカルは石野理子!

ということで!赤い公園の新ボーカルは石野理子

2018年2月に解散したアイドルグループ、アイドルネッサンスの元メンバー!

赤い公園の新ボーカルは石野理子!年齢やプロフィールは?

名前:石野理子

生年月日:2000年10月29日

年齢:17歳

出身地:広島県

身長:155cm

血液型:A型

星座:さそり座

趣味:人間観察、読書、美味しいものを食べること

特技:空気を読むこと、時間を読むこと
長所:正直
短所:自身がない。素直じゃなく皆に迷惑をかけがちww

まとめ

今回は「赤い公園の新ボーカルは石野理子!年齢やプロフィールは?」ということでお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回加入した、石野理子さんは現在17歳!

若いことにも驚きですが、ついこの前まで、違うグループで活躍されていた人が、加入してくるなんて!

これからの活躍が楽しみですね!

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!