だんだん昼間も暑さが増し、もう半袖でも良い季節になってきましたね!

もう初夏といってもいいくらいの暑さを感じる日もあったりします。

皆さんは、北磻磨の行楽おすすめスポットの1つである、播磨中央公園のバラ園はご存知でしょうか?

こちらの播磨中央公園では、毎年ばらまつりが開催されるたりと、美しいバラの花が咲くことで有名な公園です。

今回は「播磨中央公園バラ2018見頃と開花状況は?混雑状況も調査!」ということでお伝えしたいと思います!

Sponsored Links

 播磨中央公園バラ2018の見頃と開花状況は?

播磨中央公園は兵庫県加東市にある、緑の木々に囲まれた丘、大小の池が散在する自然豊かな公園です。

野外ステージや野球場、テニスコートなどの運動施設や四季の庭、子供の森、子供の小川などの施設が整い、多くの人々に親しまれているそうです。

播磨中央公園のバラ園の面積は約1.5haで、中央の噴水を囲むようにバラが植えられているそうです。

バラ園に立体感を与えるように、ツル科の植物を使う工夫がなされているそうですよ。

播磨中央公園のバラの花の多くは「モダンローズ」と呼ばれる種類のバラで、モダンローズは1867年以降に作られたものだそうです

それ以前に作られたバラは「オールドローズ」と呼ばれているそうですよ。

今年もバラ園では、『春のばらまつり』が開催されます!

播磨中央公園春のばらまつり

日程:2018年5月12日(土)〜2018年5月27日(日)

時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)

開催場所:播磨中央公園 四季の庭 (兵庫県加東市)

料金:入園無料

駐車場:約1,000台

アクセス:JR滝野駅から西へ約20分

*バラグッズの販売や鉢バラ、季節の花の販売なども行われているそうです!

播磨中央公園のバラの見頃と開花状況

播磨中央公園のバラの見頃と開花状況はどうなっているのでしょう?

ばらまつりの頃が見頃の時期となると、5月上旬頃に開花の時期を迎えるのではないでしょうか?

ただ今年は色々な花の開花や見頃の時期が例年より1週間から10日ほど早まっていますので、バラを見に行かれる際には、サイトなどで一度ご確認して頂けたらと思います。

播磨中央公園バラ2018の混雑状況も調査!

播磨中央公園のバラの時期の混雑状況を調査してみました!

見頃や開花の時期が、GW後の予定となっていることと、園内は広いため、これといって園内が混雑する様子はない感じですね。

しかし、それなりに人は入ってくるようですで、写真を撮ったりする際には、気になるかもしれませんね。

バラの花の美しい姿を写真に収めたい!ということでしたら、開園と同時に入園されることをおすすめします。

朝のバラの花は特別綺麗に見えることでしょうから、写真の撮り甲斐もさらに増すかもしれませんね!

またばらまつりの期間中の休日については、色々とイベントも開催されるようですので、平日に比べると混雑状況が増すかと思われます。

まとめ

今回は「播磨中央公園バラ2018見頃と開花状況は?混雑状況も調査!」ということでお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この季節のバラは本当にお天気のいい、青い空の日に見ることができると、バラの美しさに見惚れてしまうくらいですね!

入園料については、無料ということなのに、たくさんのバラの花を植えられていることもすごいことですよね!