今年もフレッシャーズの季節が始まり、もうすぐゴールデンウィークですね!

KOBEメリケンフェスタは、毎年、ゴールデンウィークにメリケンパークで開催されるイベントです!

港情緒溢れるウォーターフロント「メリケンパーク」で、市民や観光客が集まり、参加、楽しむことができる、ゴールデンウィーク恒例のイベントです!

神戸ビーフの即売や焼肉の試食など、神戸ワインの試飲などができる『神戸ワイン&ビーフ祭』などのほか、ステージイベントやサンバパレード、フリーマーケットなども開催されます!

このイベントは平成元年から実施されており、今年で30回目を迎えます!!

今回は「KOBEメリケンフェスタ2018混雑予想や駐車場は?ステージ情報も」と言うことでお伝えしたいと思います!

Sponsored Links

KOBEメリケンフェスタ日程やスケジュール

日程:2018年5月3日(木)〜2018年5月5日(土)

時間:11:00〜17:00(予定)

会場:メリケンパーク

KOBEメリケンフェスタでは神戸を代表する味覚である、神戸ビーフと神戸ワインの試食や販売が行われる「神戸ミートフェア」、白バイ、パトカー、消防車の展示やリサイクルマーケットなど、大人も子供も楽しめる企画が盛りだくさんです!

縁日の屋台もあるので、お祭り気分満点で楽しめるイベントとなっています!

KOBEメリケンフェスタ2018混雑予想や駐車場は?

KOBEメリケンフェスタが開催されるのは、ゴールデンウィークの真っ只中ということで、メリケンパーク周辺はかなりの人で混雑が予想されます!

とは言っても、人が通れないほどの混み具合ではなさそうです。

お昼頃に到着すると、すでにかなりの人が来られていたようで、まだまだ駅方面からの人の流れがあったりしていたようですね!

【車でのアクセスと駐車場】

阪神高速道路3号神戸線「京橋」出口から約5分、「柳原」出口より約10分です。

距離で選ぶならメリケンパークまで徒歩1分の『メリケンパーク駐車場』

料金は30分毎に200円で最大料金はありません。

メリケンパークからの距離の近さが魅力ですね!

メリケンパーク周辺でお得に利用できる駐車場は、神戸ハーバーランド「umie」の駐車場ですね。

メリケンパークまでは徒歩約10分ですが、土日祝は駐車料金が2時間無料(その後30分毎に200円)で利用できるようです。

ただ、開催期間中はゴールデンウィークとなっていますので、できるだけ電車などの公共交通機関をご利用されることをおすすめします!

【電車でのアクセス】

電車で来られる場合は、各線から徒歩でおおよそ15分ほど歩来ますので、靴は履き慣れたスニカーやヒールの低いシューズなどがおすすめですよ♪

・JR「元町駅」から徒歩約14分

・神戸高速鉄道「花隈駅」から徒歩約13分。

・阪神本線「元町駅」から徒歩約15分

KOBEメリケンフェスタ2018ステージ情報!

2017年は下記の9つのイベントでお祭りを楽しませてくれました!

今年は記念すべき30周年ということもあり、昨年よりもパワーアップされたイベントで迎えてくれるのではないでしょうか?

*2018年度のイベント詳細が更新されなしたら、追記しますね!

2017神戸ミートフェア「神戸ワイン&ビーフ祭り」

KOBEメリケンフェスタの最大の魅力は、美味しい神戸ビーフの試食会があることですね!!

先着順となっていて、人の大行列となりますが、並ぶ価値は十分にありますよ!

並ぶのはちょっと苦手な方には、600円でステーキ1枚と一口ワインが付く、このイベントの看板メニューがあるそうですよ!

 

メリケン市

飲食ブースでお祭り気分を味わえたり、子どもと一緒に楽しめる工作教室などが開催されていました!

シーサイドステージ

メリケンパークに設置されたステージでの野外ライブ。

神戸市消防隊による演奏など!

空中散歩体験

メリケンフェスタの中での目玉イベントがヘリコプターに乗っての4分間の空中散歩です!

有料(大人:4,500円、子ども:3,500円)ですが、神戸の街並みを空から見渡せる貴重な体験が上記価格でできます!!

こうべみなとの市リサイクルマーケット

約100ものブースが出展する製品リサイクルを目的にしたフリーマーケット。

写生会

幼稚園児と小中学生を対象に「海・船・港」をテーマにした写生会を開催しており当日に無料で参加できます!

市民生活を守るコーナー(5月3日のみ)

メリケンフェスタの中で子ども達から大人気のイベントです!

警察や消防隊などの活動を紹介し、パトカーや白バイの展示がされています。

2017年度は消防艇の船内が一般公開がされ、大人も子供もワクワクした1日になりました!

タイムカプセルの引揚式典

1987年4月神戸開港120年を記念し、メリケンパークの沖合の海中に埋められたタイムカプセルの引揚式典が開催されました!

当時の市内に住んでいた小中学生や一般の人らが作成した絵や手紙などが30年の時を経て開封。

Japan Coffee Festival in KOBE 2017(5月5日~6日)

まとめ

今回は「KOBEメリケンフェスタ2018混雑予想や駐車場は?ステージ情報も」ということでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

ゴールデンウィークは各地でいろんなイベントが開催されていますね!

長い休暇のひと時を、家族でのんびり楽しむのもいいですね!

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!