京都の貴船神社では、青もみじの時期に合わせて、青もみじのライトアップが行われます。

「気が生じる根源」が語源とされ、古来より「気生根(きふね)」とも称されるそうです。

新緑の時期になると貴船神社一帯が初夏の生命に溢れる約3,000本の青もみじで包まれる。

今回もGW中にも数日開催されていたようですね!

貴船神社は京都市内の北部にあり、京都市街の喧騒から離れており、すぐ近くを流れる川があったりと夏でも涼しく過ごせるスポットとしても有名ですね!

今回は「貴船神社青もみじ2018のライトアップ時間や見頃は?混雑状況も!」ということでお伝えしたいと思います!

Sponsored Links

貴船神社

貴船神社は京都府京都市左京区にある神社です。

古くから祈雨の神として信仰されており、水の神様として、全国の料理・調理業や水を扱う商売の人々から信仰を集める。

古来より、晴れを願う時には白馬が、雨を願う時には黒馬が奉納されたが、実際の馬に代わって木の板に描いた馬が奉納されたこともあったり、このことから絵馬が発症したとも言われてるそうです。

そして、貴船神社は縁結びの神様としての信仰もあり、若いカップルで賑わっている。

その一方で縁切りの神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名だそうです。

丑の刻参りについて詳しく知りたい方はサイトで調べてみてくださいね!

貴船神社青もみじ2018のライトアップ時間や見頃は?

貴船神社では、5月初めの頃になると、約3000本の青もみじで貴船一帯が包まれます。

石段の表参道を覆う青もみじと御神殿の背景に見える青もみじは、とても神秘的で美しさを感じます。

そして、貴船神社辺りはパワースポットとしても有名ですよね!

日頃の疲れに、緑とマイナスイオン、そして、貴船のパワーでリフレッシュできるといいですね!

青もみじの見頃は5月のゴールデンウィーク明けから夏にかけてとなり、紅葉や桜とは違って、8月の真夏の頃でも美しい緑の青もみじを堪能できます。

それでも、青もみじがより美しく見られる時期は、6月の梅雨の頃で、梅雨の晴れ間に見る、雨に濡らされた青もみじは活き活きとした顔を見せることでしょう。

青もみじが見頃を迎える5月には、貴船神社では『新緑のライトアップ』が開催されます!

昼間でも、あの緑の美しいもみじと、鳥居の朱でとても美しい光景が見られますが、新緑のライトアップとなると、また一味違う景色を楽しめることでしょう!

是非、チャンスがあれば、梅雨の晴れ間に一度行かれてみることをおすすめします!

 

ライトアップ情報

【開催期間】

2018年5月3日〜5月6日(終了)

2018年5月12日(土)〜5月27日(日) 土日限定開催

【開催時間】

日没〜20:00

貴船神社青もみじ2018の混雑状況も!

貴船神社は普段からも、かなり人気のある神社です。

縁結びの神様でも有名ですし、老若男女から人気の神社です。

年間を通じて、気候の良い時期はかなりの人で混雑します。

おそらく青もみじの時期も混雑が予想されますので、お時間に余裕を持って行かれてくださいね。

そして、気をつけて頂きたいのは、車で行かれる方は気をつけましょう!

貴船神社周辺の道はとても道幅が狭く、車の行き来が普通自動車だと少し厳しいなと感じることがあります。

途中まではバスも通っているのですが、貴船神社近くになると、車の往来はちょっと運転に自信の無い方には辛いかもしれません。

出来るだけ、公共交通機関を利用されることをおすすめします!

まとめ

今回は「貴船神社青もみじ2018のライトアップ時間や見頃は?混雑状況も!」ということでお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

これからの季節は貴船神社はとても美しい景色が見られる時期となります。

日頃の疲れを癒しに、新緑を見たり、綺麗な空気に触れてみたりされるとリフレッシュになるかと思いますよ!

機会があれば、是非、貴船神社の青もみじをご覧になってくださいね!

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!